2017年4月25日

洗濯のコツを教えます!

主婦の仕事の1つと言えば、洗濯が挙げられると思います。
洗い始めから1時間弱待って、それから取り出し、干す作業に入ります。そして、干し終わったら取り込んで畳んでと思いのほか時間と労力がかかってしまいます。
そこで、ちょっとしたコツで効率よく時間短縮できる方法をご紹介します。まず夜の間に、洗濯機の予約機能を使って朝起きる時間くらいに始まるようにセットします。お子さんがいる家庭では朝に洗い物が出る場合もあるかと思います。なので、起きる前に始めてしまうと2度手間になってしまうことがあるので、起きてからスタートするくらいにしましょう。
そして起きてからスタートした物が、着替えや朝ごはんの支度や食事をとっている間に終了します。そしたら、干す作業へ移りましょう。ここでも、ちょっとしたコツがあります。分別しながら洗い終わったものを取り出しましょう。たとえばタオル系、下着系、子供服、ハンガーが必要なものなどです。分別した物ごとに洗濯バサミやハンガーを使って干す作業をしていきましょう。
乾いたら取り込んで畳んでいきますが、分別しながら干しているのでそのまま取り込んだ順番で畳んでいけばしまうのもラクになります。畳むときにも、ちょっとした工夫で時間短縮を目指しましょう。まず、時間がかからないタオル系や下着系から畳んでいきます。そして最後にハンガーにかけたものが残りますが、このままクローゼットへしまうと、畳む作業がぐんと減り時間短縮ができます。Tシャツなどは畳んでしまいたいと思う人も多いかもしれませんが、その手間を省くと本当に楽になりますので、お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です